イヤイヤ期の子供の気持ちとその対処法について

子供がイヤイヤするのはどんな時?イヤイヤ期の子供の気持ちとその対処法

例に漏れずわが家の2歳児も、イヤイヤ期なんだろうな〜。

何かにつけて、言うことを聞きたがらないです。

子供も1人の人間ですから、こっちの思い通りにはなるわけがないとも思ってはいますが、たまにイライラしちゃうこともありますよね。

今は一生懸命自分の気持ちをコントロールする練習をしているんだなーと、見守るようにしていますが、時にはママがどのくらいまで許してくれるのか試している時もあるでしょうし、甘えたい時もあるのでしょう。

イヤイヤにしても、子供の意見を通してあげるべき所と、こちらの言うことを譲らない方が良いところと、これはどっちなのかな、と悩むことも多いです。

こっちの意見を通してみたけど、ママのエゴだったかな、そこまでしなくても良かったかな?と反省することもあります。


子供がイヤイヤをするとき

子供はどんな場合にイヤイヤするのでしょう。

また、それにはどう対処すれば良いのでしょう。


・思ったように意思疎通が図れない時

2歳ごろの時期に多いようですが、おしゃべり出来てきたけど、正確に相手に伝わらないとか、何て伝えたらいいか分からない時に出てしまうイヤイヤです。

子供の気持ちを察して代弁してあげることで解決してあげられますが、どうしても分かってあげられない時もありますね。

癇癪を起こして泣き続けたり、手が出てしまったりするかもしれません。

そんな時は、自分で感情をコントロールする事を覚えるチャンスでもあります。

怒らずに優しく「ごめんね、ママ分からないの。泣くのやめられるようになったら教えてね。」と伝えて、そっと1人にしてあげる事で自分の中で解決する力をつけていきます。

ちゃんと泣き止んで来れたら、偉かったね、と褒めてあげて下さい。


・出来なくてプライドが傷付いた時

それはうまくできないから嫌、って子供の能力以上のことが要求された時にイヤイヤとなってしまう事ありますよね。

まだ時期ではなかったのかな、と思ったら「そうね、これ難しいね。」と子供の気持ちを汲んで、やる気になってくれるのを待ってあげましょう。

逆にちょっと頑張ればできることはどんどんやりたがりますから、ちょうどいいレベルの事を見極めて頼む事が大事なのでしょう。やる気が出た時がやらせ時ですね。


・まだやりたい時

子供の意見も尊重してあげたいですが、時として難しい事もありますよね。

遊びをやめたくない、階段を全部自分で登りたい、とか、急に一生懸命やっていることを中断されると子供も否定された気分になるので、反発してきます。

できるだけ子供の気持ちを聞いた後でママの都合を伝えて納得してもらうか、予測出来ることなら前もってお約束をしておくといいですね。

決めたお約束については、ママが曲げずにやり通しましょう。


・何かを提案してもやりたくないと言うとき

何かやっている途中だったりして今やりたくない時と、こだわりがあってどうしてもやりたくない時があります。

どちらも、しつこく誘うと癇癪を起こしたりイヤイヤが悪化したりするものです。

タイミングをずらして今やっていることが終わった後や、何かで気分を変えた後でまた誘ってみると案外イヤイヤにならないこともあります。

また、子供には、その時々でこだわりやブームがあって譲りたくない場合もあるようです。

その時は、数日開けたりしてこだわりが去るのを待ってから提案する方が良いのかもしれませんね。


・甘えたい時や眠い時

欲求が満たされていない時におこる癇癪なので、こう言う場合の要求は満たしてあげることで親子の信頼関係が出来ていきます。

子供が自分でできることをせがまれたりすると、甘えさせて良いのか迷ってしまう事もありますが、甘やかすのと甘えさせるのは違います。

子供に要求されない事をママがどんどんやってしまうのは甘やかすこと。

甘えさせるのは要求を通じて心を満たしてあげること、です。

しっかり心を満たして満足すれば、また1人で頑張れるようになるものです。


子供側にも理由があることが分かっているだけでも、感情的にならずに対処しやすくなりますよね。

ママも人間だから、その時に100%完璧な対応は出来なくて当然ですし、子供に寄り添い、理解しようとする姿勢が大事なのかなぁと思います。

そんな周りの大人を見て、きっと人の気持ちに寄り添える子に育ってくれるんじゃないかなと思っています。


この記事へのコメント