おすすめ!英語の絵本⑤

おすすめ!英語の絵本〜4歳〜
How to hide a Lion~ライオンをかくすには
by Helen Steghens
EBDC73D2-CAB5-47FA-B399-D757E9156408.jpeg
one hot day,a lion strolled into town to buy a hat.
ある暑い日、ライオンが帽子を買いに街へやってきた。
strolle:ぶらつく

But the townspeople were scared of lions,so the lion ran away.
しかし、街の人々はライオンを怖がったので、ライオンは走って逃げた。

He ran as fast and as far as he could...
彼は、できるだけ速くそして遠くに走り…

...and hid in a house in a garden.
…そして、庭にあった家に隠れた。

It was a play house,and it belonged to a small girl called Iris.
それは、おままごとの家でアイリスという小さな女の子のものだった。

"You can't hide there,"said Iris,who wasn't scared of lions.
「そこには隠れられないわよ」と、ライオンを怖いと思っていないアイリスは言った。

"That house is too small for you."
「あなたには小さすぎるもの」

They went inside so Iris could hide the lion properly.
彼ら(ライオンとアイリス)は、ライオンをちゃんと隠すために屋内にに入った。
★properly:きちんと、適切に、正しく、徹底的に

They had to be quiet because moms and dads can be  funny about having a lion in the house.
彼らはママとパパがライオンを家に置いておくのを変に思うかもしれないので、静かにしなければいけなかった。
★funny:おかしい、不審な、怪しい

The lion let Iris comb the leaves out of his mane...
ライオンはアイリスにたてがみから葉っぱをすき取ってもらい…
comb:櫛、櫛ですき取る
mane:たてがみ

...and he showed her his paw where he had stepped on something sharp.
…そして、彼は何か尖ったものを踏んでしまった足を彼女に見せた。★paw:動物の足

"I'll put a bandage on that,"said Iris.
「バンデージを貼ってあげる、」とアイリスは言った。

It wasn't easy hiding a lion.
ライオンを隠しておくことは簡単じゃなかった。

He was just too big...too fluffy...and too heavy,especially when he was asleep.
彼は大きすぎたし…モコモコしすぎているし…それに重すぎる、特に寝ているときは。
fluffy:フワフワな、モコモコな

And lions sleep a lot.
それに、ライオンはとてもよく眠る。

But when no one was looking,the lion could come out to play.
でも誰も見ていないときは、ライオンも出てきて遊べた。

They just had to be careful not to be too noisy.
彼らはうるさくしすぎないようにだけは気を付けないといけなかったけど。

One evening,Iris's dad said,"They still haven't found that lion."
ある夕方、アイリスのお父さんが言った。「あのライオンはまだ見つかっていないらしいね」

"I bet he's a kind lion."said Iris from behind the sofa.
「優しいライオンに違いないわ。」アイリスはソファの裏から言った。
★bet:賭ける、断言する

"There's no such thing as a kind lion,"said her mom."All lions will eat you."
「優しいライオンなんてものはいないのよ」彼女のお母さんが言った。「ライオンはみんなあなたをたべてしまうのよ。」

The lion was worried,but Iris comforted him.
ライオンは当惑したけれど、アイリスは彼を慰めた。
comfort:慰める

Then she read him his favorite story.It about a tiger who came to tea.
それから、彼女は彼(ライオン)のお気に入りのお話を読んであげた。それはお茶に来た虎のお話だった。

He fell asleep halfway through,because lion sleep a lot.
彼は途中で眠くなった、だってライオンはよく眠るのだ。
halfway through:途中で

And that was when everything went wrong.
そして、そこから全てが悪い方向に向かった。

Iris heard her mom coming up the stairs,but she found it's hard to wake a sleeping lion.
アイリスはお母さんが2階に上がって来るのが聞こえたが、寝ているライオンを起こす事は困難だった。

However,most lions will wake up if a mom screams at them.
しかしながら、たいていのライオンはママが彼らを見て悲鳴をあげると目を覚ますんだ。

AARGH!
キャーー!

The lion raced out of the house.
ライオンは家から大急ぎで逃げた。

...and found a hiding place where he could still see Iris whenever came into town.
…そして、アイリスが街に来たらいつでも見られる所に隠れ場所を見つけた。

Nobody noticed him.Not the townspeople.Not even Iris.
誰も彼に気が付かなかった。街の人々も、アイリスさえも気が付かなかった。

And certainly not the two burglars who broke into the Town Hall and stole every single one of the mayor's candlesticks.
そして、タウンホールに侵入して町長さんのロウソク立てを一つ残らず盗んだ2人の空き巣も、もちろん(ライオンに)気が付かなかったのだ。
every single one:一つ残らず、全て

But the lion noticed them.With a huge ROAR! He leapt off his pedestal...
でも、ライオンは彼らに気が付いた。
大きくガォー!と言いながら台から飛び出して…
★leap:ピョンととぶ
pedestal:(像などを置く)台

...and stood on both the burglars until the police come.
…そして、警察が来るまで両方の空き巣を取り押さえた。

All the townspeople were amazed-except for Iris,who said,"I told you he was a kind lion."
街の人々はみんなみんな驚いた。「優しいライオンだって言ったでしょう。」というアイリス以外は。

Now the lion was a hero.He didn't have to hide anymore.
今では、ライオンはヒーローだった。かればもうどこにも隠れる必要はない。

The townspeople held a special parade for him.
街の人々は彼のために特別なパレードを開いてくれた。

The mayor said he could have anything he wanted.
町長さんは、欲しいものをなんでもあげよう、と言った。

The lion thought for a moment.Then he asked for...
...a hat!
ライオンは少し考えた。そして、お願いしたんだ…ぼうしを!

Which was all he'd come to town for in the first place.
最初に街にきたのはそのためだったんだから。

"It really suits you."said Iris.
「本当に良く似合ってるわ」ってアイリスは言った。

◾️読み終えて
私のつたない英語で息子には悪いのですが、読んであげると最後の部分のa hat!をいっしょに言ってみたり、(it really)スイッチュー の響きが気に入ったりと楽しんでいました。
ちなみに、日本語訳の絵本はライオンをかくすには、です。

"おすすめ!英語の絵本⑤"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。